HOME | 製品一覧 | 手引き式安全装置DT,DF型

手引き式安全装置DT,DF型 厚生労働省 検定番号 第A250

手引き式安全装置は、スライドの下降運動を利用してひもを引くことにより、 リストバンドをつけた作業者の手を危険限界から外へ引き戻す装置です。 スライドの下降と機械的な連動をしますので、スライドの二度落ちや不意落ちなどに 対しても有効です。原始的なメカニズムですが、確実な安全装置です。 DT/DF型本安全装置につきましては、プレス安全装置構造規格を満たし、 また厚生労働省検定に合格しております。

特徴

  1.  取付けが簡単
  2. プレスの運動に伴い手を強制的に引くのでピン欠け、プレス自体の故障等の不意落ちにも安全確保
  3. 手に受ける衝撃が少ない
  4. 金型交換等プレスを使わない作業の時は手引き腕を折りたため邪摩になりません


*手引き式安全装置は確実な作動を行いますが、同時に、調整を厳重に行う必要があります。特にひもの長さの調整は確実に行わないと、 安全機能をまったく発揮することができない場合があります。作業者ごとに変化するひもの長さの調整は大変に重要です。     

適応プレス

同一型式一覧表
性能 使用できるプレス機械
型式の名称 手引き範囲(mm) 圧力能力 ストローク長さ(mm) 金型の大きさ(mm) ボルスター奥行(mm)
DT-Ⅱ 大型 150~350 1500以下 100~300 1200以下 700以下
DT-Ⅱ 小型 150~250 300以下 40~100 800以下 500以下
DF-Ⅱ 大型 150~350 1500以下 300以下 1200以下 700以下
DF-Ⅱ 小型 150~250 300以下 40~100 1200以下 500以下
※毎分ストローク数(SPM) 120以下
手引きひも:材質 ナイロンロープ 直径 5mm 切断荷重 約176Kg
引きしろ 200mm 引き量 150~350mm
リストバンドの引張荷重 約64K

製品一覧 ▼

安全装置

光線式安全装置

エリアセンサー

その他の式安全装置

安全保護具

その他安全具・部品

安全支援業務

プレス周辺装置

荷重計

受注商品

旧製品